むいむいブログ

むいむい生きてる

20180101

今日の日記。

ガキ使と紅白をザッピングしつつポケ森。
ガキ使は、こんなやり方をこの時代にやっていることに驚いた。
来年も同様の路線で企画は続くのだろうか。

ゆく年くる年、そして年越し。
もうそのまま寝てしまいたかったけど、初日出に備えてお風呂に入る。
Suikaのチャージをしておこうと思ったら、アラートが出現。
2〜4時はチャージ不可であることを初めて知った。

f:id:mui03:20180101205030j:image
このまま出発まで起きていようかとも思ったが、眠気もありベッドへ。
湯冷めしてしまったまま毛布に包まる。

 

4時過ぎ、電車に乗って田町へ。
駅近でシェアサイクルをレンタル、芝浦埠頭公園へ向かう。
ビルの合間から東京タワーが覗く。
人気のない建物の間を走り抜けていくのが楽しい。
レインボーブリッジが見えてくる。
初日の出を見ようという、私たちと同じ考えなのだろうか、進行方向が同じのいくつかのグループが増えて来る。
冷たい風が、カットしたばかりの頭をキンキンに凍らせてしまいそう。

f:id:mui03:20180101205038j:image

道案内と交通整理の為か、警備員が配されている。新年早々、寒い中、お仕事お疲れ様です。

集合目安の6時から遅れること10〜20分ほど、先着していた仲間の2人と合流。
ゆれる水面や、時折飛んで行く飛行機や鳥、ちょうど日が昇る方向に並んだキリン型の重機たち。


日の出予定時刻を待ちわびる。
空はぐんぐん明るくなる。

パッとオレンジの光が見えたかと思うと、その光はぐんぐん大きく、上へ上へと移動する。
意外と早い。

ビルの窓面から朝陽を反射し、水面にその光を投げかける様も綺麗だ。

15分ほど、手持ちでスマホを掲げてタイムラプスを撮影。

f:id:mui03:20180101205057j:image

夜明け前から日の出までの一連の時間を過ごして、神聖なような、区切りと新たなスタートのような。

いい一年のスタートを切ることが出来た気がする。
今日の音頭を取ってくれた仲間に感謝。

日の出を堪能したあとは、近くのホテルで朝食バイキング。
お雑煮やおせちなど、新年っぽいメニューもあってうれしい。
チコリコーヒーはよくわからない味だった。

人の少ない銀座を抜けて、東京駅へ。

f:id:mui03:20180101205117j:image

 

帰宅後、ウトウトしたあと、夕方に土産を渡したいと地元仲間から連絡。
ありがたく頂戴した。

普段行かないスーパーに寄って、買い物。

ポケ森したり、逃げ恥観たり。

 

今日は1日が長い。充実した元旦。

 

明日は、
年賀状の返事を書く、

アイロン、

レコーディング合宿の準備、

読書、

プログラミング、

これらのいずれかに手を付けられたらと思う。

 

ここ数週間は鬱傾向が強いような、とにかくやる気が起きず、罪悪感に苛まれ、自己肯定感が低くなるような感じだったが、一旦、下げ止まって浮上してきただろうか。

 

無理しないこと。

根を詰め過ぎないこと。

 

愛する人と何度目の新年。
ずっと好きで、一緒にいたいと思える、これは幸せな事だ。

ほんとうに、僥倖だ。

それなのに、なぜ

ネガティヴな波や鬱々とした気分に襲われるのだろう。

 

それが、症状、病状なのか、自身の生来のものなのか。

どちらにせよ、良い方向に落ち着けたい。

あるいは上手く共存していきたい。

 

 

やる気が出ないのなら、それもしょうがない。

無いなりに、楽しいこと、面白いことして、チャージしていこう。

 

今年は、できれば
1.英語 TOEIC まずは600点over

2.心身の健康、ダイエット、筋トレ、運動、鬱の緩解

3.ITスキルアップ

 

これらを軸に自身の向上に励んでいきたい。

美味しいものや、友人、仲間たちとの遊び、イベントも楽しみたい。

アプリを作りたくなったのでメモ2

OSのアップデートは完了した。
Xcodeも無事にインストールしてできた。

Xcodeを開いてみる。
うーん、真ん中がキャンバスで左右にいろいろメニュー的な感じ?

とりあえず、この記事を参考にビルドしてみる。

udemy.benesse.co.jp

おお、なんか出来たっぽい。わーい!
画像の縦横比、配置がちとまだよくわからんが、ひとまず流れはなんとなくわかった。

初心者向けの記事をもういくつか漁ってみよう。

アプリを作りたくなったのでメモ1

ふとアプリを作りたくなった。

所有しているスマホiPhone、手元にはMacBook Air

なのでiOS用アプリを作ってみようと思う。

 

今回作りたいアプリは、写真加工アプリ。

アプリから撮った写真、またはカメラロールに保存されている写真に、意図した加工を加えるものを作ってみたい。

さて、ドシロートが完成までこぎつけることができるだろうか?

 

まず、Xcodeというのが必要らしいので、Xcodeをダウンロードしてみる。

Sign in with your Apple ID - Apple Developer

 

Xcode 9.2 beta 2 と Xcode 9.1 どっちかいいんだかわからん。
とりあえず新しいベータにしてみる。

DLしたzipをダブルクリックすると、早速エラー
「操作を完了できませんでした。
cpio read error: Undefiuned error: 0」

Mac OS のバージョンが 10.11.5 以上にアップグレードしないといけないっぽい。
現在の自機は10.10.5だった。だめじゃん。
まずはアプグレからか...うううう。

 

0x000012fとExit Code: 7 エラー対応のメモ

エラーメモ


0x000012f のエラーが発生。

 

パソコンを起動したら、

C:\windows\system32\uxtheme.dllはwindows上では実行できないか、エラーを含んでいます。元のインストールメディアを使用して再インストールするか、システム管理者またはソフトウエアの製造元に問い合わせてください。エラー状態0xc000012f。と言うエラーメッセージが出現した。

 


シャットダウンして更新か、Adobeソフトのアップデートが原因だろーか。

 


とりあえずググって下記のページを見てみる。


https://support.microsoft.com/ja-jp/help/929833/use-the-system-file-checker-tool-to-repair-missing-or-corrupted-system

https://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_8-update/0xc000012fuxthemedll%E3%82%A8%E3%83%A9%E3%83%BC/12a0e3d2-21bf-41de-9947-ef618c004f52

 

コマンド プロンプト画面で sfc /scannow してみる。

 

クリーンブート

 

とりあえず、Adobe関連のアップデートがどうも原因ぽいので
Adobe関連ソフトを一度アンインストール&再起動してみる。


0x000012f のエラー は出なくなった。

さて、Adobe関連を再インストール。
手始めに AcrobatDCの再インストールを試みると、
インストールが失敗。

詳細をみると、

Exit Code: 7
Please see specific errors below for troubleshooting. For example, ERROR: DW003, DW071 ...


-------------------------------------- Summary --------------------------------------

- 0 fatal error(s), 2 error(s)

 

----------- Payload: Adobe Acrobat DC 17.9.20044.0 Adobe Acrobat\Setup.exe_17.009.20044 -----------

ERROR: DW071:

ERROR: DW003: Third party payload installer Adobe Acrobat\Setup.exe failed with exit code: 1603

-------------------------------------------------------------------------------------


なるほどわからん


Exit Code: 7でググってAdobe のページを見てみる。
https://helpx.adobe.com/jp/photoshop-elements/kb/cq10070303.html


A.不要なサービスを停止して再起動しますってので再度インストールを試みる。
…ダメだ。
展開中にエラーになるっぽい。


こんなブログも見つけた。
http://ch.nicovideo.jp/ps2/blomaga/ar856755
Microsoft Visual C++ 2013 Redistributable (x64)」をアンインストール、ね、なるほど。

やってみた。
あ、無事にインストールできた!
ありがたや.ありがたや…!


スタートアップ プログラムを有効にしたり、戻してひとまずなんとか。

やれやれ。

自転車小説のような

2011/08/24

 

 カチリ、と硬い音がして右足のシューズがペダルに固定された。
 その音を聞きつけた杉山が振り返って言う。
 「じゃあ、行こうか」

 ロードバイクを買って、だいたい半年経った。ビィンディングシューズを履いての遠出は今日が初めてだ。
 「信号で止まるとき、注意な」
そう言って杉山は慣れた調子でガチン、ガチンとシューズをはめ込みながら漕ぎ始めた。少しふらつきながら俺も後に続く。漕ぎ始めの重いペダルを踏み抜き、引き上げる時に、あ、固定されているから

親と金

2012/02/23

 

両親にお金渡すのがしんどくなってきた。

スペック

父 63 今も時々土方仕事をしているらしい。酒に溺れやすい。
母 62 呑気
住まい 借家。月の家賃7~8万くらい。


自分 27 会社員。手取り約19万円。結婚し、親とは別居、マンション住まい、
ローン返済中。小梨。


毎月、母に5万円振り込んでいる。
かれこれ、もう2年くらいかな。
無理ではないけど、結構キツイ。


これって、普通?
だんだん、なんで毎月毎月、払わなきゃいけないのだろうかと考えるようになっ
てきた。

この人たち、たぶん年金をちゃんと納めてないから、年金支給が開始されてもあ
まり期待できないっぽい。

そういうふうに考えてしまう自分も狭量だと思い、自己嫌悪。

これまでの恩義があるし、感謝もあるし、やはりこのぐらいはしないと、という
思いもある。

漠然と、とても不安になる。

どうしたらよいのだろう。

父親とはここ数年ろくに口を聞いていない。
時々、酔った父から電話があるが、無視している。
酔っ払いと話しても意味が無い。
冷たいと思われてもしょうがないが、酔っ払いの話には付き合えない。

 

毎月の大体の収支

5万円 親
5万円 生活費
2万円 食費
1万円 通信費
3万円 定期預金(可能な時は)
1万円 趣味

残り、2万は
被服、日用品、外食、交友費など小遣い


こうやってみれば、恵まれているのかもしれない。
でも、どうして、なぜ、と疑問のような、憎悪のようなものを感じる、
私は心が狭いのか、ケチなのか、わがままなのか。

どうしたらいいんだろう。
どうしたいんだろう。


5万を払いたくないのか。
5万円が惜しいのか。
それは無いとはいえない。
たぶん、それは大きい、でも


よくわからない。


時々、すごく自己嫌悪になる。
みんなは、どうやって折り合いをつけているのだろう。

 

 

鬱発症 前後のこと

四年ほど前に、以下の文を書いていたようだ。

 

 

19~20歳の頃に鬱病と診断された。
睡眠不足と過労が祟ったのだと思う。
ただてさえ、不安定な年頃なのに、環境の変化に加えて、

朝5~8バイト
9~17学校
18~22バイト

な日々。

1人暮らしの部屋は、運悪く半地下で陽がささない独房のようだった。

そんな日々を過ごすうちに、
段々おかしくなった。
パン、過食嘔吐、手を突っ込んで吐いた。


学校の駐輪場で、停めてあった自転車を出そうとした際に、突然に世界が美しいものだと気付き、涙した。

何の変哲もない、ただの駐輪場だったのだが、その時は曇っていたメガネを拭いたようにクリアに、そして輝いて見えた。
「世界は美しい」その真理に触れた気がして、救われる思いだった。


よく憶えてないが、どうにかこうにか自分で精神科に行き、そこで鬱と診断された。
ショックだったが、安堵もあった。

なんとか卒業して、実家に戻った。
ウェブ会社のアルバイトを見つけ、採用されたが一ヶ月でクビになった。

昼休みにトイレで吐いていた。
躁鬱


療養していた頃
不安や焦燥感や恐怖、様々なネガティヴをミキサーで混ぜたものを常に味わっているようだった。

ある夜、自転車で街を散歩(徘徊)していた。
片側二車線の車通りの多い交差点に居た。信号待ちをしていた。
車の信号が、青に変わった。
道路の向こうは、横断歩道は赤信号だったのに、私は横断歩道へ漕ぎ出していた。
車のクラクションが聞こえた。
よく轢かれなかったものだと思う。
いまなら、なんで赤信号で渡ったのだろうと思えるが、その時は今渡らなければ、と焦っていた。それほどにひどい状態だったんだろうか。

ひどく怯えていた。
うわー!と叫び、
畳に包丁を突き刺して、
うずくまっていた。


あー、ほんと、やばかったんだな…
十年近くたった。
あれ以来、発症していない。
まったくふつーの日常生活を送っている。

時々、漠然した不安や、さみしい気持ちになることはあるが、それはだれにでもよくある範囲のことであろう。

あの時のような、妙な高揚感や鉛のようの重さや、刺すような焦燥感は、今はない。